職員の待遇に関する費用

毎年のことだが、今年も労働保険料の申告がやってきた。

今年は7月10日までだそうだ。

労災・雇用保険が主な積算根拠だ。

正社員が増えてくるにつれ、労働保険料は上がっていく。

健康保険や厚生年金などの社会保険と同様だ。

雇用保険に関しては、雇用保険料率がすこしだけ下がったが、微々たるものだ。

人を雇用すると、給与に付随して、こういった社会保険各種が必要になってくる。

枚方市にあるデイサービスでも正社員がどんどん増えてきた。

社会保険だけでなく、福利厚生的な意味合いも含めて行っている、退職金制度にも費用は掛かってくる。

これは職員の待遇として削ることができない費用だ。

費用面だけ見れば、どこの枚方市の介護保険事業所は、人に掛かるものが大部分を占めるだろう。

いわゆるマンパワーが必要な職場だからだ。

だからこそ、社会保険各種や退職金制度などをしっかりと整備して、職員の待遇改善に努めたい。

いわずもがな、一番の待遇面は給与だ。

そこが疎かになると、離職者も増えてしまう。

利益を出し、それを従業員の給与に反映する、そういった当たり前のことを企業として行っていきたい。

役職、資格、職能、そして勤続年数を加味して、待遇改善に努めていこう。

有料老人ホーム ココロステッキ
〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 バンフビル3階、4階、5階(24室)
072-800-1766

デイサービスココロステッキ
〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号
072-858-0506