フォーマル or インフォーマル


事業部門が増えてくると、事業間の連携がうまくいかなくなることが多い。

事業ごとの利益を追求することも大事だが、事業と他事業の相乗効果を目指すような組織的活動が必要だと思う。

それには、フォーマル、インフォーマルな話合いが必要だ。

フォーマルなものは、こちらで各課の長を集めて会議を定期的に開けば可能になるが、インフォーマルなものは難しい。

それを簡単に行うことができるのが、昼食時だろう。

もくもくとご飯を食べるだけではない。

枚方市のデイサービス、訪問介護、ケアマネージャー、有料老人ホームの職員が休憩時に集まって、話をしている。

枚方市の介護保険関係など堅い話だけではなく、日常生活の話題が大切だと思う。

枚方市のデイサービス事業単独では解決できないことが、インフォーマルな会話を日常的に行っていることで、解決できたり、解決の糸口を見つけられるようになる。

事業単位だと近視眼的な問題分析に陥りがちだが、外からの目が入ることで、違う意見や解釈が入ってくる。

縦の命令系統ではないので、柔軟に意見を求められるし、それを部署に持って帰ることが可能になる。

近年は、仕事後の飲み会など、インフォーマルなものがどんどん減ってきている。

それを放っておくことは簡単だが、なんとか人と人を繋げていきたい。

#枚方市 #デイサービス #介護保険 #有料老人ホーム

名称:有料老人ホーム ココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 バンフビル3階、4階、5階(24室)
電話:072-800-1766

名称:デイサービスココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号
電話:072-858-0506

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です