NPO法人の生き残り


枚方市の介護保険業界で働いていると、利用者様の介護と同等かそれ以上に事務作業に追われる。

介護保険法の改正があるたびに、作成が必要な書類が増え、人手が少ない企業や組織は青色吐息になっている。

また、中核市である枚方市は介護保険に関して大きな権限を持っているので、その枚方市の介護保険に関する解釈もしっかりと理解しないといけない。

これが現状中小の企業や組織では難しくなってきている。

そこで、最近は盛んにM&Aが行われている。

M&Aが特に盛んな介護サービスは、枚方市ではデイサービスだと感じる。

いあゆる居抜きのような状態で、枚方市にあるデイサービスを運営する企業や組織を物件ごと吸収合併し、規模の経済性を行かせる企業が生き残っている。

そのような状況下で、非営利法人は企業をM&Aすることは難しく、またM&Aされることも難しい。

なぜなら、株式会社のような営利法人が運営の基礎としている資本という概念が基本的に存在しないからだ。

現在、非営利法人は枚方市だけでなく介護保険業界は過渡期に立っていると考える。

資本金がなく、評議員は社員等で構成される社員総会等は、議決権が株式のような金銭に換価できるものではなく、人的なネットワークに委ねられている。

それゆえ、ガバナンスも難しく、行き詰ることが多い。

特に阪神大震災を契機として立法化された、特定非営利活動推進法で法人格を取得したNPO法人は、金融機関からの融資を受けることも難しく、もしかするとその役割を終えつつあるのかもしれない。

純粋なボランティア活動から、事業活動へと移行するNPO法人が多いが、そこからの展開を考える時期に来ていると思う。

そこで、どうやって組織として生き残っていくかがこれからの命題だ。

#枚方市 #デイサービス #介護保険

名称:有料老人ホーム ココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 バンフビル3階、4階、5階(24室)
電話:072-800-1766

名称:デイサービスココロステッキ
住所:〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号
電話:072-858-0506

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です