介護施設の安全配慮義務


今日は散歩に出掛けていると、民家でデイサービスをやっていた。

枚方市のデイサービスは新しく建てたので、利便性は高いが、民家でアットホームなデイサービスも雰囲気が違って良いのではないかと思った。

ただ、安全面等はどうなっているんだろうかとすこし気になった。

散歩をしていたところは、民家ばかりが連なっている昔ながらの住宅地で、民家の内装の安全面だけでなく、何か起こった際の避難経路も非常に狭い。

車では急には動き出せないくらいだ。

そういった状況は事業所指定の基準に枚方市の介護保険では入っていないのだろうが、非常に大事なことだと思う。

枚方市に有料老人ホームを建てて、安全面にはすごく気を配った。

同一敷地内にある枚方市のデイサービスも非常に厳しい安全面を求められてる。

自治体や関係各所もその安全面がしっかりと守られていないと、事業所指定を出さないようになってきていて、ますます事業を行うことが難しくなってきた。

小規模デイサービスは次回の改正から、自治体が指定を取らせないという選択肢も出てきている。

介護保険は改正が重なり、もはや安定した事業を誰でも行えるといった昔のような状態ではない。

社会福祉法人や医療法人が主だった施設を地域で運営しているが、それもこれからどうなっていくだろうか。

特別養護老人ホームの入居要件である、要介護3が導入されてから、特別養護老人ホームが空室が目立つようになってきているらしい。

これからは、営利性と社会性に富んだ株式会社が地域での活躍の主体になってくると考える。

当然、淘汰も起こるだろうが、その分、サービスの質が良い企業や組織が残って、これから競争原理がしっかりと働く事業になっていくだろう。

#枚方市 #デイサービス #介護保険 #有料老人ホーム

有料老人ホーム ココロステッキ
〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号 バンフビル3階、4階、5階(24室)
電話:072-800-1766

デイサービスココロステッキ
〒573-0145 大阪府枚方市大峰南町22番5号
072-858-0506

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です